作成者別アーカイブ: colon

ジャワ島のKeris

私が2年間居たジョグジャカルタには王室があり、王室由来の文化が受け継がれています。

そのうちの一つにkeris(クリス)という身分の高い人が着ける代々の家宝でお守りの様な剣があります。

男性の正装は、伝統衣装と腰にはKerisを着けます。

その剣の刃は、何種類もの金属を重ねて合金を作りそれを鍛え、更にクレープのように何重にも層にした後、表面を削り、作り出した模様が施されています。

何十種類もの模様が作り出され、それぞれの模様には名前があり、哲学的な云われがあります。

今は、その作りを伝承する職人が少なくなってしまったそうですが、縁あって、ジョグジャカルタ郊外の工房を訪ね、Keris作りを見せて貰いました。

土間の工房に炉があり、その中で何度も繰り返し真っ赤になるまで加熱され、職人にしか分からないタイミングでそれが取り出され、今度は打って伸ばしていきます。

その後、形成、研くと模様が現れます。これは、無形文化遺産に登録されています。

日本の伝統技法にも金属を合わせ削り出し、木目のような模様を作り出す作業があります。

Kerisは、剣の金属部が美しいですが、肢になる部分の形も多様で意味があり、綺麗に磨き込まれています。

また、剣を入れる鞘も装飾が混んでいて美しいです。

Kerisには日本に居る時から興味があったので、工房を訪ねることができて嬉しかったのですが、更にたまたま訪ねた王室直営のレストランでKeris 展を行なっていて100点以上の剣を見ることが出来、それらを作る職人と業者さんの展示販売も回ることが出来ました。ご縁に感謝です。

Kerisは数十万円するものが多く、買えるものではありませんでしたが、持つべき人が持つものらしいので、私にとっては、見るものだったのでしょう。

展示販売会で、記念に同じ技法で作ったUdan Emas – “金の雨が降る”という名前のプレートを買いました。写真の模様がその名前です。金の雨が降ってくるらしいので、今後に期待です。

1+

金属の膨張と収縮

ジュエリー作りで、金属の膨張と収縮を考慮しなければいけない工程があります。

それは主に、

◎ キャスト時に。。

形作ったワックスモデルがキャスト(鋳造)される際、融かしたシルバー、金、プラチナ等が、ワックスと置き換わる訳ですが、その融けた金属が冷え固まる時に収縮するので、ワックスの大きさよりわずかにちいさくなります。その為、ワックスで形を作る時は実際に依頼された大きさより収縮分大きく作ります。

◎ サイズ直し時に。。

これは、膨張と収縮だけでなく、分子の性質、組織の変化からだと思いますが、、

金属は、熱を加えると柔らかくなります。地金でリングを作る時やサイズ直しを行う時もは、まず熱を加え、柔らかくして接続面を合わせ、そこをロウ付けします。

その直後、一般的にはロウ付け面を綺麗にするために酸洗いをします。そこで冷やされることになります。その後、芯がねに通してサイズを合わせ形を整えます。その時、木槌でたたきますので、金属分子の配列が叩かれることによって変わります。金属は打つことで、硬さも増します。

その後、ろう付け面だけに火を入れると、金属の膨張とまた分子が動くことで、ろう付け面は離れてしまいます。例えば、以前サイズ直しをしたことのあるリングを再度サイズ直しする時に、以前直したロウ付け面が離れることがよくあります。

火を入れて、金属をなます作業、曲げる作業、冷やし収縮させる作業を繰り返すときには、金属粒子を変化させています。その時に、金属のハネや変形が起こります。

急激な変化は極力避けるか、全体的に熱を加えるなど、工夫をします。

◎ 別の金属同士をロウ付けする時に。。

収縮率の違う金属同士を繋ぎ合わせると、その金属が冷えた時にそれぞれの収縮の違いから、接続面で引っ張り合い、変形することがあります。特に広い面をはり合わせるようなロウ付けは、大きく歪むので気を付けなければいけません。

化学が苦手なわたしですから、沢山の実習と失敗から習得していますが、金属の性質を知らないと綺麗な作業に適いません。(^_^;)

1+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

修理可能なポイントは?

最近は、ジュエリー、アクセサリー共に色々な素材が使われていますので、直接品物を拝見して修理ができるか判断しています。

確認のポイントは、

1. 製品に打ってある金性の確認(pt900,K18,silver925など)

2. メッキがかけられているか、いないか。またはメッキの種類。

3. 石が留まっているかどうか?(石の種類、石留めの仕方)

などがあります。

1.金性の確認は

ロウ付け作業が要る修理には確認が必要になります。例えば、サージカル・ステンレスなどは、ロウ付けでは接続できません。溶接装置と技術が必要になります。また、溶接の中でも、素材によって溶接方法が違います。また、金性によって、貴金属でもロウ材、ロウ付け方法、仕上げが違います。

2.メッキは

種類が、何種類かありますが、ニッケルメッキが掛けられたものは作業が出来ないか、時間を要する場合があります。

また、メッキをかけ直せるかどうかも、石の種類、留め方が関わります。

3.石の種類、留め方は

上記の、修理後にメッキが掛けられるかに関係しています。

石を付けたままメッキにかけられる製品かどうか、枠から外すことが出来るかどうかをみます。

また、石が修理に耐えられるかどうか。。硬度や劈開性があるかどうか、熱に極端に弱いもの、酸に弱いもの、振動に弱い石も壊れるリスクが大きいのです。

他には、仕上げの摩擦で切れてしまうような細いチェーンや、厚さが無く変形してしまうような金属は、修理ができない場合があります。

修理で一番多いのは、ネックレスの留め金が壊れたり、無くなり、付け直すものです。

それは、引き輪など金具の中にバネが組み込まれたパーツに熱を加えると、バネが効かなくなる為、チェーンと引き輪を繋ぐ丸カンをロウ付け出来ないか、リスクがあるので行わないかに因ります。その為、使ううちに、カンが開き金具が落ちてしまうのです。

そんな時は、引き輪を繋ぐ前に、丸カンをロウ付けするか、少し太めで強度のあるカンで対応する場合もあります。

修理やリフォームは、お客様の預かりものに出来るだけリスク無く作業しなければいけないので、その確認ポイントを挙げましたが、一度お持ち頂き、見させて下さい。こちらで確認いたします。

簡単に使えるようになったり、新品同様に蘇ることが多くあります。

0

この人凄い!− つづき

スリランカ時、朝川は香川さんの奥さんからダイエットの為に型(形?)を教わるように勧められまして、師範から直伝にて教わりました。

何事も、見るのとやるのは大違いで、週1回、約30分ゆっくり香川さんの動きを真似するだけで精いっぱい、汗びっしょりでした。シーズンによってはコロンボの湿度は90パーセント近くありますから、じっとしていても汗だくでしたが、運動時はなおさらです。

そんな練習を2週行い、なんとなく動きが分かってきて、次の動きがスムーズにできるようになり、突きのポーズや祓いのポーズにも力が入りました。(少しだけ早く動かせるようになった程度ですが)

。。そんな3回目の練習日、今までより香川さんの動きについていけるようになり、快調な滑り出しでしたが、段々息苦しくなり、脳貧血を起こしてしまいました。ということで、全くの3日坊主で破門にして頂きましたので、空手に関しては何も語れません。

先日、どうされているかと思い You Tube で香川さんの指導風景を拝見しました。小さな子供達への指導も大人に対してと同じ真剣さ、口調で、香川さんらしさが充満でした。別のサイトでは、香川さんの爪の垢を貰いたかったと書いてありました。空手をされている人にとって、カリスマ的な師範なんだなぁとあらためて知りました。

スリランカで一度だけ、香川さんの模範演武を見る機会がありました。教え子のメンバーの型は、日本で表彰されていて、美しく、キレのある動きでしたが、

師範の演武は、誰の型より力強く重さを感じました。体幹と力が、演武しているような安定感でした。

香川さんが優勝した空手界の伝説試合があるそうです。

その試合数日前のエピソードをよく聞かされました。

空手のシュミレーションと、緊張が高まっていたので、少し気持ちをリラックスさせる為に、映画を観に行かれたそうです。スパイが、天井から釣り下がって宝石を盗み出すシーンがあり、宝石に手が掛かった瞬間に、あっ。危ない!と反射的に前の空座席にツキをしてしまい、事情説明となったそうです。

普段、香川さんは穏やかで、誰に対しても偉ぶらない方なんですが、空手では、近寄りがたい集中力、凄味、凄さ一杯なのです。

へなちょこの私が言うことではないですね。

空手にリンクして、弟子に叱られるといけないので、師範の話はこれで おわります。

0

ブラック

絵画が好きで10代〜20代は週末に美大受験生が通うデッサン, 絵画教室に通っていました。

そこでの経験は、私のものの見方や考え方に影響しているので後に色々書きたいと思います。

そんな事から、20代〜30代には多く美術館に行きました。

一番好きな画家はジョルジュ.ブラック。

なかでも、なぜか、楽器をモチーフにした絵が大好きなのですが、

ポンピドゥセンターで初めてブラックのグランドピアノを描いた絵を見た時、Jazzyな感じと黒色配分が素晴らしい!と感激して、その絵の前に30分立ち尽くしてしまいました。

その直後、また観たいと、3回その場に戻って長く見とれてしまい、さすがにギャラリーの警備員に呆れ顔をされました。

でも、そのくらい心象に一致するというか、いつまでも観ていたい絵でした。

マチスやシャガールの絵も展示されていて、本でしか観たことのない有名なものばかりでした。

マチスのJazzは、テーマの通りで素敵でした。ピカソの花の絵は優しいし、人はすごいと思います。

でも、やっぱりブラックなんですね。

ブラックが好きと言っても、私もです!という人になかなか出会わなかったのですが、

一度だけ美大の教授にブラックが好きなのは見る目があると褒められたことがあります。キュビスムでは、ピカソよりブラックだともいわれてるらしいです。

どうぞ、機会があったら、ブラックのギターのある風景やオルガン、楽器の含まれる絵を見てください。

シビれますよ!

2+

この人凄い!- その2

JICA シニア海外ボランティアとして海外に

派遣された期間の特典の一つですが、

自分の仕事や生活圏の中ではまず出逢えない

であろう方に会える事があります。

スポーツマン、理学療法士、音楽隊員、各種

先生、様々なエキスパートに会うことが

できます。

なかでも、最初のスリランカ期間に、空手の

師範、香川政義氏にお会いして、その後

奥さんとも親しくお付き合いさせて頂いたの

は楽しく、ラッキーでした。

その時、香川さんはスリランカのナショナル

チームを育てるために私費でコロンボに

居られました。

最初に仲間が小さな日本レストランでお会い

して「凄い人がいたよ!」と言って紹介して

くれました。

その後は、時々お宅にお邪魔してご飯を

ご馳走になったり、愛犬のブルとも親しく

なりました。

香川さんは、真っ直ぐで 凄く面白い人

なので、エピソードが尽きません。

まず、全てを日本語で指導されていたので、

ナショナルチームのメンバーは、

凄いスピードで日本語を理解していました。

練習時には号令をかけるので、数字は

直ぐに覚え、挨拶や返事は、「オッス!」

でした。

「オッス」が、「押忍」で、武道の心得だと

初めて知りました。

空手の試合は初めて見ましたが、

動きが、目にも止まらぬ速さでした。

「型」は、何とも美しく大好きになりました。

メンバーは、練習と試合前に いつも師範から

「死ぬ気でやれ!」と言われているので、

「組み手」の直前、選手は口々に

「わたし、死ぬ気!わたし死ぬ気!」

と呪文のように呟き、気合を入れていました。

私は、可笑しくてしょうがなかったですが、

メンバーは香川さんに叱られると何より

堪えていました。

ある日、香川さんの奥さんから電話があり、

パニックでした。

香川さんが、バスから振り落とされ

脚をそのバスに引かれたのです。

スリランカのバスや列車は超満員のことが

多く、ドアを開けたまま走るのです。

落ちた時、周りにいた若者が駆け寄り、

救急車を呼ぶかと思いきや、「一緒に病院に

行こう!」と支えられながら歩いて行った

そうなのです。

やっとたどり着いた病院で、「この人、バス

に引かれたんです。診てください!」と

言っているのに、ドクターは

「傷もなく、そんなはずはない。」と取り合

ってくれないので、、

「シャラップ !と怒鳴ってやった。

そしたら、やっと診てくれたよ!」と、

香川さん。

「香川さん、どうしてシャラップなんです

か? シャラップは、うるさい人に言う言葉

ですよ。」と言うと、

「洋画なんかで、怒る時は、シャラップって

言うとるからやな。。」と照れ笑い。。

事故後、5日程、ふくらはぎの筋肉が

ちぎれるように傷んだそうですが、

骨折、外傷もなく、自宅療養後 間もなく

トレーニングを開始されました。

人並み外れた肉体、精神力の持ち主なのです。

。。。そして、いつも真剣なので

誰からも愛される方なんです。

。。

でも、少しご免なさい!香川さん。

次回は、師範の超カッコいい話を書きます❣️

つづく

0

この人凄い!- その1

御徒町の会社で働いていた頃、仕事のお使い

で取引先の職人さんを訪ねたことがありまし

た。 凄く腕のいい職人さんで、常々こんなに

綺麗に作れたらいいなぁ。。と尊敬していま

した。

「サイズ直しを預かってきました。」と

お部屋に上がると、

足の踏み場がない程床に色々なものが散乱し

ていて、びっくりでした。

その職人さんも、思わぬ来客に慌てていて

気の毒でしたが、、

どうしてこんな散乱した仕事場からあんなに

綺麗でキチッとした仕事が生まれるのか、、

不思議でした。

仕事だけに集中しているからかも

しれませんね。

ところで、彼の仕事の何が凄いかというと、

石が入るメンズリングなど、分厚い金属の塊

から、ほぼ削り出して作るところでした。

あまり見ない作り方です。その上、作業が

凄く綺麗!  まぁ、マニアックな感激です

けど。

パーツを作ってから組み立てるのと違い、

ちょっとでも削り過ぎたら、それで終わり、

最初からやり直しとなります。

完成までの構図がキチッと組み立てられて

いて、技術がないと出来ない事なのです。

仕事の綺麗さとお部屋の汚さとのギャップ

が、衝撃的に残っています。

もう一つびっくりしたのは、

シルバーのロー付でも火を入れて800度C近く

になるのに、素手でシルバーを掴み、

ロー付してみせてくれた事です。火傷しない?

そして、その後は素手で希硫酸に浸し、

酸洗いをするのです。「薄いから(希硫酸

が)大丈夫。」と言っていましたが、

こんな危ない事する人に初めて会いました。

昔は希硫酸を使っていましたが、

劇薬ですから、今はドラッグストアで買う事が

できません。別の薬品を代用しています。

熱した地金を希硫酸に入れると、数滴が

飛び散ることがありましたが、

いくら水で割って薄い液でも痒くて

たまらないものです。何のために素手で?

職人さんって、心根の優しい頑固者が

多い印象なのですが、

仕事、習慣共にピカイチでした。

お元気かな ⁈ ✨

0

デザインするとき。。追加

自分の経験や、好きな物、感覚からしか

デザインは浮かばないと思うのですが、

稀に、コンテストや新作を期限付きで

ずーっと考えていると、

考えもしなかったデザインが

フラッシュバックする事があります。

眠りにつく時や、ぼんやりしている時に。

それも、完成品・フルカラーの立体画像で❣️

そして、わたし的には、かなりイケテイル

のです。

一瞬で消えますから忘れないようにします。

でも、それは本当に稀で、

もしかしたら、期限を目前に

強迫観念に迫られて、潜在意識が画像を

生み出したのかもしれません。

これでいい!デザイン完了!!にして

いるかもしれませんが。。

以前、知合いのデザイナーさんにお訊ね

したところ、

「あら。わたしも有ります‼️」との

返答がありましたので、わたしに限った

事ではないようです。

とは言え、そんなに頻繁に起こる訳では

ないので、色々考えた結果にだけ、

ご褒美のフラッシュバックが来ると

思うようにします。

因みに、フラッシュバックは過去のトラウマで

起こるようですが、軽く記憶の修正をする事も

あるらしく。。こういう現象なら大歓迎です。

普段よく参考にする資料としては、

海外の街並みに見る建築物の一部や装飾

があります。

ほかは、植物のラインなど。

感激して、沢山見て心にストック

しないと生み出せないですね。

以上、

思い出した追加です。

0

デザインする時

最初にお客様とデザインを打ち合わせる時、

ユーザーのお客様に言葉で説明するのは分かりにくいですから、ラフスケッチ、参考写真などをお見せします。場合によっては、サンプルや途中経過を見ていただきます。

今は、CAD画や3Dプリンターで完成品に近い提示ができますが、

最終的に金属になり、磨かれ、石がセットされた完成品を想像するのはお客様には難しいかもしれません。

オーダー、リフォームの場合、できる限り多く、好みやご要望をお聞きして考え、セッションのように提案していきます。

COLON.オリジナルの商品を作る時は。。

今は、大半は一点限りの石使いで、その石を生かすデザインを考えるので、石や素材を見て、構想を練ることが多くなりました。イメージが決まったら、工程を考え、作業にかかります。作りながらデザインを吟味していく感じです。

考えたデザインは自分で作るので、デザイン画を起こす必要がなくなりました。

試作をして、機能やデザインを確認してから本作業にかかることもあります。

私の場合はひどくアナログな方法で、頭の中と、作業の中でデザインの立体化をしています。

金属の厚み、石の形・深さや特徴を自然に考慮することが、習慣になっていて、それを元に作業の順序を決めるので、デザインをイメージし、作業しながら完成度を高めていきます。

御徒町・長岡で仕事をしていた頃は、主に企業やデザイナーから依頼されたジュエリーの原型を作っていましたので、いつもデザイン画が在り、その絵のイメージ通りに作るようにしていました。

デザイナーさんは、何より商品のコンセプトやイメージを大事にしなければいけません。

もし、機能を優先して考えるとデザインが進まない場合はデザインの巾が狭くならない為にもイメージ通り表してから、機能を考えてもいいのでは?と思います。

ディテールは大事なので、作り手に充分に伝えられるように、テクスチャーや細部まではっきりとイメージするのがいいです。

また、実際に作る人もデザインセンスが必要になります。

私自身は、作るデザイナーまたは、デザインするクラフトマンだと思っていますので、出来るだけ作りながら進めるようにしています。

0

仕上げ。。

日頃、作業で金属に触る感覚としては、

Ptは粘りっこく、

Goldは硬めでさらさらしていて、

Silverは柔らかめでさらさらしていると

感じます。

なので、その特徴を考慮して仕上げていくと

いいです。

平らな面は平らに、丸い面はまるく

なるべく形を崩さない様に気を付けて!

が基本ですね。

ですが、それが難しいです。

工場で細工を教わっていた頃、平らな面を、

炭で研ぎ仕上げる、伝統的な「炭研ぎ」と

言う技法を見たことがあります。

私も試してみましたが、平面は段々平面では

なく波打つ面になりました。

砥石で包丁を研ぐのと同じで、炭を持つ手が

ブレてしまうとブレた面ができてしまうの

です。

平面の仕上げは、順を追ってペーパーヤスリ

で仕上げるようにしています。

平らに磨く機械も有りますが。。

シルバーの場合、仕上げる際、熱が掛かると

表面に被膜が現れる事があります。

「ヒムラ」と言います。

表面の熱がシルバー925などに含まれる

銅に反応して起こります。

ムキになって羽布などをかけると

更に被膜が広がります。

熱を掛けない様に冷静に少しづつ磨くように

しています。

0