金属の魅力ーWG編

個人的には、WG・K18の生地色が好きです。

少しだけ黄色味があり、艶のある自然な色が綺麗ですし、メッキを掛けなくても変色は少ないので、生地色のまま楽しまれることをお勧めしています。

(写真はWG・K18で石枠を作っているところ)

同じ金性でも、色合いは金属の成分によって変わってきます。

WG K18の場合は、24(純金はK24)分の18が純金成分です。75%が純金で残りの25%は、ホワイトゴールドの色合いを白くするために加えられる合金です。

以前はWG といってもかなり黄色味が強く、25%に含まれる合金の成分は、ニッケル、亜鉛、銅でした。

現在の合金の成分は、パラジウム、銀、銅が主流で使われているために白味が増しました。

合金のそれそれの成分比率によっても色味が違ってきます。

更に改良が行われ、パラジウムの量を増やすことで変色の少ない、白色の強いホワイトゴールドが使われています。

(写真、左はWG K18、右は、シルバーの線です)

それぞれの線は、どちらも加工の為に火を入れていますが、

左の、パラジウムを含むWGは酸化による変色を殆ど起こしていません。

右のシルバーは、酸化被膜ができ変色を起こしています。シルバーの皮膜は仕上げることで落ち輝きますので、それが問題ではありませんが、WG K18 は、シルバーやK18と比較しても表面の酸化は少ないことが分かります。

以前は、黄色味の強いホワイトゴールドを使いジュエリーを作っていたので、仕上げにホワイトらしい白色(銀色)を表わすためにメッキを掛けました。今でも通常は銀色のロジウムメッキを掛けます。

ですが、パラジウムの割合が多いをホワイトゴールドは変色しづらいので、メッキを掛ける必要はありません。以前から海外では、白味の強いホワイトゴールドが使われていたことと、そのままの色で使用するのが好まれていました。

日本ではホワイトゴールド、プラチナ、シルバー共に白さを出すため、または、明るさを増すためにメッキが掛けられてきたため、表面的にはどれも同じ白色(銀色)でした。

ユーザーの好みはありますが、自然色が魅力的なホワイトゴールドの場合は、生地色のまま使われることをお勧めします。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です