金性の刻印

先日お預かりしたネックレスクラスップに「585」と刻印がありました。

その並びには、メーカーの刻印があったのですが、585は始めて見るものでした。

インターネットで検索するとイタリア製のK14の事だそうです。

クラスップは銀色だったので、WG K14  (ホワイトゴールド)なのでしょう。

そうだったのか!と思い、念のため計算してみると微妙に計算が合いませんでした。

14金は、24分の14が純金が含まれているという事なので14(金)÷24(金)=0.5833333...となり、24金を1000とすると、14金は約583では?

これはその国の規定が微妙に違っていたという事なのかなぁ~?と小さな疑問が解決していませんので、どなたがお分かりなる方、メールを頂けると嬉しいです❣

刻印には、ゴールドの場合、

K24、K22 、k18(750)、K15、K14 、K10、K9 などがあります。

プラチナには Pt 999、Pt 850 の表示があります。

以前にはPT(Pt)表示以外に「PM」と打たれていた時期があるようです。

シルバーには、Silver 、925、850などがあります。

刻印表示は、その純度を表わすのでジュエリーのユーザー様にとっては、

重要な金額の指針ですし、満足感に繋がっています。

ジュエリーの修理を承る者にとっては、修理品と同じ金性を使う必要がある為、

はっきりと素材が何であるか表示されていなければいけません。

 

 

 

 

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です