教室を始めたのは。。

いつ頃から、自分の持っている技術を必要としている人がいるなら、伝えたいと思い始めたでしょう。。

若いころは、自分が得ることに忙しく、周りにシェアする発想は無かったです。

勿論、教えるような知識や、技術を身に着けていなかったせいもあります。

自分が歳を取るにつれて、今まで習得してきたものは日々の仕事の中で時間を掛けて磨いてきたという自負も出て、何か次の時代の人たちに伝えておこうと漠然と考えるようになりました。

長岡に居るころから手作り体験型のワークショップを行うようになりましたが、

きっかけは、有志デザイナーグループの企画からでした。

長岡市のデザインフェア・イベントとしてジュエリー手作りのワークショップを3日間開催したことから始まっています。

当日は、建築家と工業デザイナーのメンバーが作って下さった、連結可能な作業机を10台を円形に並べ、メンバーの作業サポートもあり、市民の誰もが参加できる楽しいワークショップになりました。

老若男女、幼児はお父さんやお母さん付き添いで。。正しくは子供の描いたデザインをお父さん、お母さんが作るといった形で楽しんでいただきました。

中には3日間連続で通いつめ、大作を作った男子小学生も居ました。

デザイン画をきっちり描いて、その通りに作った女性。

複雑な組み立てに挑戦する男性も居ました。

その方たちの真剣さと異業種の方の考えるモチーフは大変に面白いものがあり、私にとっても貴重な体験でした。

そのイベント後、長岡の工房でもワークショップを行うようになりました。

その頃は体力があったので、予約制で夜間もワークショップを行っていました。

色々な方が教室に来られましたが、ブラジル人数名が定期的に通われていました。

石の産出国でもあるブラジルに帰った時にジュエリーの仕事をしたいというモチベーションで通われていたので生徒さんたちは真剣でした。

他にも今まで数名、仕事にしたいと仰って工房に来られた方が居ます。

その場合は方向性によって、向いているデザインを含む学校をお勧めしたり、作業であれば、基礎から練習することをお勧めしています。

今行っている週末のワークショップは、ジュエリーの作りを気軽に体験して貰らい、作る過程を楽しんでいただくことを目的にしていますので、ロー付け作業などは私が平行して行います。

もちろん、全て自分で作りたい方には、ロー付けや仕上げも体験いただけます。

お手伝い付きで完成までサポートしていますので、初心者でも安心してご予約下さい。

Facebook:Asa-Colon に教室の様子をアップしています。

生徒さんは、それぞれ作業のスピードも違いますが、

物作りが好きな方や工具好きの方は、きっとはまると思います。

 

 

 

 

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です