打ち出しの味わい

槌目模様のリングは一つ一つの表情が違い、味わいがあるので教室で作られる方が多いですが、

表から金槌を打つ、打ち出しと裏側から打ち出して形作るものがあります。

伝統工芸で打ち出しの鍋や急須などを作られていますが、一枚の金属板から立体が作られるのは素晴らしいですね。

リズミカルに裏側から打ち出して綺麗な形に整えるのは職人技です。

最近、打ち出しを部分的に取り入れてジュエリーを作ることがありました。

少し取り入れて、チャームポイントにしたいと思います。

この間から、東京の彫金教室に通っていた頃に作った あのブローチはどこに仕舞っただろうかと

記憶をたどっていましたが、それが見つかりました。

全くの初打ち出しですが、こんな表現もできます。

モディリアーニのモチーフの模写ですが、

打ち出しを行った際に、

「あ~。裏側からだとすべての凹凸が逆だったんだ。。」とか

「一番高い所、その次に高い所~一番低いところまで、順番が分かっていないと作れない。。」

と時々混乱していたことを想い出しました。

全体を見渡して高低の順番を段取りしなければいけませんが、楽しい仕事です。

打ち出された表情に味わいがでるので、いぶしもいいかと思います。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です